クラブチームの夢【#8 儀間晴香】

 

さぁ〜て、まとまらない話の始まりだよ〜

#8儀間(シン)です。

 

急ですが、たまに沖縄に帰るタイミングが弾丸ですが、あったりすんですね。

帰省するとハンドボールの練習に行くんですが。

みんな目がキラキラしているわけですよ。

クラブチームのメンバーは、練習が少ない中、夜自主練で走りに行ったりしているとか。

そういう同志の集まりって素敵だなと思うわけです。

そして、スカイプレーを合わせてきたり、全然体力もないといいつつもクイックスタートしたり、ゲームを20分の4本とかしたり。

(楽しくて仕方なさそうで、こちらもギガント楽しかったです)

 

大人になると学生のように新しいことがある訳ではないし、毎日単調になってしまっては楽しくないですよね。

やはり、人を成長させる、輝かせるのはいつもワクワクすることだと。

 

実業団チームに比べ、ハンドボールのことを考える時間が明らかに少なくなってしまうクラブチームですが。

例えば、体育館がある訳でもないのであの動きを確認したい、とか。

もぅ、色々ですけどね。笑

 

でも、本当にやってて楽しいんです。

そりゃ上手くいかないことの方が多いし、勝たなければいけないんですが。

沢山のファンの方がいつも応援に来てくれて、勝ち試合をすることが出来なくて申し訳ない気持ちもあります。

でも、強くなるラヴィッツを見守っていてほしいし、一緒に強くなりたいと思うのです。

勝った試合の後はどんなに疲れていても、負け試合に比べカラダの疲労度は全然違います。

 

そんな時、サッカーの長友選手の言葉を思い出しました。

うまくいかないことがあっても、人のせいにしない。 原因は自分自身にある。矢印は外ではなく、常に自分の内側に向ける

 

よぉ〜し、

新しい発見は成長への第一歩〜

ドキドキ、ワクワクを見つけて日々成長して行きたいと思います。

残りの試合もわずか!!

皆さん、応援よろしくお願い致します!

この記事をシェアする!

“クラブチームの夢【#8 儀間晴香】” への2件のフィードバック

  1. John より:

    1月21日の下呂市の試合で儀間選手の後ろ姿に一目惚れしてしまいましたのでコメントさせていただきました。
    2月10日の高山市の試合でラヴィッツ15点目のシュートは儀間選手でした。
    ゴールの後の席から観戦していたのですが相手の選手と選手の間をボールがすり抜ける技ありのシュートでした。
    あんな技ありのシュートが打てる儀間選手なのに何故、もっとシュートを打たれないのですか?
    儀間選手がもっとシュートを打てばラヴィッツの攻撃の手数が増えることになるので相手チームは守りにくくなると思うのですが…素人ですので間違ってたらごめんなさい。
    次にまた試合会場で儀間選手のプレーとラヴィッツの試合を観戦出来る日を心待ちにしています。
    これからも頑張ってください。

  2. 儀間晴香 より:

    Johnさん

    とても嬉しいコメントありがとうございます。レスポンスが悪くてすみません。
    【何故、もっとシュートを打たれないのですか?】
    という質問でしたが、私の考えの一つとして対戦相手が以前所属していたチームであるという事。そして、キーパーが私の癖を知り尽くしたキーパーだったという事。
    また他にも、幾つかあったのですが、Johnさんからコメント頂いた後に、私自身のプレーとセンターとして時間の使い方(ゲームコントロール)を考えなおすキッカケとなったのは、間違いありません。
    そして、後半戦は少しいい方にも向かったように思います。

    ラヴィッツは結果8位と悔しい結果で今シーズン終えましたが、新メンバーも加わることで更に、来シーズンに向けて楽しみも増え、ワクワクしています。

    また下呂で試合の際は、ラヴィッツの試合を観戦しに来てください^^お待ちしております!

John にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です